ママ友のランチの誘い!上手な断り方は簡単な3ステップで!

2016年10月8日

「ランチに行こう」

少し親しいママ友ができると、こんなお誘いが来ることがありますね。

ママ友にランチに誘ってもらえることは嬉しいけど、

  • 都合があって参加できない
  • あまり気が進まない

などなど、事情があったり
なかには、あまりお付き合いしたくない相手もいたりするし(;一ω一||)

いきたくないと思ってもお誘いを断るのは
かなりハードルが高くありませんか?

相手が気分を悪くしなように断れるかな?って考えるだけで、心臓がドキドキしたりして・・・

まりマは、小心者なのでお誘いをお断りをする時はいつもすごく緊張していました。なので、断り方で悩んでいるあなたの気持ちは、すごーーくわかります。

ところが、ある法則に気がついたら、緊張しないでスムーズにランチ会の誘いを断ることができるようになったんです。

そこで今回は、

ママ友からの誘いを上手に断るコツ

についてお伝えします。

法則と言っても、すごく簡単な3ステップなので誰にでも使えます。

ではでは、いきますよ~♪

スポンサーリンク

目次

上手に断るコツは手順を踏むこと

ママ友からのお誘いは、これからのお付き合いを考えると穏やかに断りたいところです。

下手に断って、あとからトラブルになると面倒ですからねぇ。

まりマもいつもお断りする時は、どう思われるか不安だったんです(;^ω^A

ところがですね、誘ったり誘われたりを繰り返すうちに、自分が誘った時に断られても嫌な気持ちにならない人がいることに気がついたんです。

そこで、気をつけてみると相手が変わってもある法則があったんです(・ω・)b

それは、断る時に3つのステップを使っているということです。

その3つのステップとは、ズバリ!!

  1. お礼
  2. 理由
  3. 締め

と言ってもこれだけだと全然わかりませんよね。次から順番に説明していきますのでご安心ください。

STEP1 謝らずにお礼を言う

ランチに限らず何かに誘われて断る時に、なんだか悪いなぁと感じて謝ってしまいませんか?

誰でもそうだと思いますが、せっかく誘ったのに断れるとやっぱりいい気持ちはしません。
それがわかるからこそ、断る方も思わず謝ってしまうんですよね。

まりマも、あれこれ悩みやすいタイプなので、謝ってしまう気持ちはよくわかるんです(;^ω^A

でも、本当は謝る必要なんてないんです。
だって、参加するのもしないのも自由意志なんですから。

「だけど、謝らないと不快に思われない?」
そう思う気持ちはわかりますが、謝らないのはちゃんとした理由がありますw( ̄∇ ̄)w

誘われて最初の言葉が、謝罪だと会話全体がくらーい雰囲気になってしまいがちです。
誘った方だって気まずく思っちゃうかもしれません^^;

そこで、気まずい雰囲気を避けるために、おすすめするのが最初に誘ってくれたお礼を伝えることです。

ランチに誘ってくれたということは、相手はあなたに好感をもっているはず。
なので、まずは誘ってくれたことに感謝を気持ちを伝えましょう♪

  • 誘ってくれてありがとう。
  • すごく嬉しい。
  • 楽しそうね!

などなど。

最初にこんな明るい言葉で、誘ってもらったことを嬉しく思っているといったプラスの気持ちを伝えましょう。

自分の好意を受けれてくれたことが伝われば、相手の気持も和みます(*´▽`*)

つぎに、お断りをする前に魔法のキーワードを使います。

  • 残念だけど
  • ぜひ行きたいけど

断る前にワンクッション置くことで、相手も断られる前に気持ちの準備ができます。

コツは、落ち着いてゆっくり話すことです。

せかせか話してしまうと、さっさと話を終わらせたいと誤解されてしまうので注意してくださいね(;´▽`A“

落ち着いて話すことで残念に思っている気持ちが伝わりやすくなります。

これで、柔らかくお断りする準備が整っているはずです(・ω・)b

[ad]

STEP2 理由を伝える

家の用事など誰でも納得できる理由があれば正直に伝えればOKです。

・・・でも、

  • なんとなく気分が乗らない
  • あまり親しくなりたくない

こんな理由の時は本当に困りますね~!

「残念だけど、用事があるの。」
で、さっくり終わってしまえたらそれが一番なんですけど。

「そ、それはちょっと無理かも(;一ω一||)」

ウンウン、わかりますとも!まりマも、サクッと断れないので(´・ω・`)

まりマの経験からお話すると、断る理由として有効なのが次の3つです。

健康面の理由
偏頭痛がする
生理(出血がひどい・痛みがひどい)
風邪気味
お金のこと
今月はピンチだから
家の用事
主人から◯◯を言われていて
荷物が届く予定がある

特に健康上の理由は本人しかわからない辛さがあるので、多くのママ友は理解してくれましたよ^_^

STEP3 最後は相手との関係性で決める

さてさて、いよいよお断りのまとめです。

最後の締めは、相手とどのような付き合い方をしようと思っているかで変わってきます。

簡単に言えば、また誘われたいのか遠慮したいのかで話し方を変える必要があるんです。

特に、今後は誘われたくない時はきちんと対応しておくと断り方で悩む回数が減りますよ~♪

【仲良くしたいママ友には】

誘ってくれてありがとう。
すごく残念だけど、風邪気味で微熱があるの。
治ったら連絡させてもらうね。

ポイントは、具体的に大丈夫な日程や予定をしっかり伝えることです。次の約束に繋げることで距離が縮まります(*´▽`*)


【距離を保ちたいママ友には】

誘ってくれて嬉しい。
せっかくだけど、昨日から頭痛がひどくて薬を飲んでいるの。食欲がなくてランチは遠慮させてもらうね。

このまま会話を終わってくれれば一番ですが、相手が今後の予定を聞いてくる時もあります。

そんな時は、具体的な日程を話さないようにぼやかします。

  • 一度頭痛が始まると長引く体質なの
  • 今はちょっと忙しくて
  • なんだかバタバタしていて、予定が立たなくて

こんな風に、予定がわかりにくい人だと感じてもらえる返事をします。

個人的な意見になりますが体調を理由にお断りしているのに、しつこく予定を聞いてくる人は今後のお付き合いも気をつけたほうがいいかもしれません。

ちょっと強引で、あなたの都合を考えてくれない自己中心的な部分がある人かもしれないので(;^ω^A

まりマは、断りきれなくて苦労した経験があるので少し距離を置いて様子を見ることをオススメします。

まとめ

今回は、ママ友からのお誘いを断るコツについてお伝えしました。 お伝えしたことをまとめると

  • 最初に誘ってくれたお礼を伝える
  • 断る前にワンクッションおく
  • 相手で断り方を変える(今後のために)

ママ友とは、長い付き合いになることも多いので、ある程度の距離を保ちつつ上手にお付き合いしていく必要があります。

無理せず、自分のペースでお付き合いするのが一番です(^^)

スポンサーリンク

ママ友

Posted by まりマ