ママ友とメールやLINEトラブル!回避する4つのポイント!

2016年1月9日

SNSトラブルに悩む女性

子どもの成長と一緒に、増えてくるのがママ友とのお付き合い。

「メールやLINEでやり取りする親しい友達が出来たヽ(=´▽`=)ノ」 ・・・なんて喜んでばかりもいられません。

というのも、メールやLINEは、

  1. 都合があるのに返信がない
  2. 時間に関係なく送ってくる
  3. どうでもいい内容で、ダラダラ送ってくる

などなど。トラブルの原因になることもあるんですヽ(´Д`;)ノアゥア…

トラブルなんてコワイし、いやですよね~~!!だからと言って、お付き合いをスッパリやめるわけにも行かないし。正直、本当に面倒です(;´ ▽ `)A

ところで、ちょっと質問なんですが、こんな面倒を避ける方法を知りたくないですか??当然知りたいですよね!

はじめままして、管理人のまりもママです。気軽にまりマって呼んでくださいさいね。
さてさて、本題に戻りますがまりマのママ友にSNSの達人がいるんです。トラブルゼロ、他のママ友からのクレームのナシ!

特別なことなんてしてないよ~。なんていうママが自然にやって行動こそ、トラブル回避の離れ業でした。

今回は、そんな達人から授かった
トラブルを避ける秘伝の奥義

をお伝えしちゃいます♪

ぜひ役立ててくださいね~!

スポンサーリンク

メールやLINEは本当に必要?

気軽な連絡手段として メールやLINEはママたちの間でもよく使われています。

入園や入学の時に、新しく知りあったママに尋ねられるなんてこともありますね。

まりマも 「教えて~」 という一言があると、とりあえず伝えておかないとダメだよね。そんな感じで誰にでも伝えていました。

そして急に来るメールやお誘いでオタオタするばっかりでした。

ところが、達人ママの一言で目からウロコがぽろり!

彼女は、メールやLINEをあまり使ってないんですよね。理由を聞くと、「しょっちゅう連絡を取る必要がある人がたくさんいるわけじゃないから」

達人ママが言うには、「メールやLINEは、返信が面倒だから必要最低限しか教えてないの」

確かに、不特定多数に教えちゃうことで、トラブルに巻き込まれる確率も増えちゃいますよね。な、なんでこんなかんたんなことに気づかなかったのか_| ̄|○

まずは、教える相手を見極める必要があるってことです。でもね、「教えて」と言われているのに、どうやってお断りすれば良いのか悩みませんか?
まさか、「相手を選んでいるので」なんて言えるわけありませんよね~!そんなこと言った日には、どんな噂がたつのか考えるだけで恐怖です ヽ(´Д`;)ノアゥア…
そこで、達人ママがそんな時はどうするのかさり気なく観察してみると、これがすっごく上手なんです!

これは、もう弟子にしてもらうしかない!!「え、別に特別なことしてないよ」、なんて引き気味のAママを拝み倒して極意を教えてもらいました。

次から教えてもらったことを、わかりやすくまとめてみますね。

メールやLINEの角の立たない断り方

断ることで自分を守ると言っても、断り方が問題ですよね~。手軽のは、ご主人をダシにしちゃいましょう♪
ママ友

ママ友

メアド交換しない?

まりマポイント

まりマ

よくわからなくて、
いつも主人にしてもらってるの。

今度でもいいかな。

この「今度でいいかな」がポイントです。とりえず聞いておこう程度の人は、それっきり聞いてくることはありません。

逆に本当に仲良くなりたいと思っている人は、自分のアドレスをメモして渡してくれるなど、ちゃんと手間をかけてくれます♪
そして、ここからが大事なんです。

アドレスを交換する時に、伝えておくことがあるんです。それは、

  1. メールやLINEはめったに見ないからすぐ返信できない
  2. 状況によって既読スルーもありえること
  3. 緊急の時は夜◯時までなら電話に出られる
といった自分のライフスタイルです。

最初に、メールやLINEを中心にしたライフスタイルじゃないといったことを相手に理解してもらうわけです。こうすることで不必要なメールを避けることが出来ますよ( ̄ー ̄)bグッ!

最初に自分の都合をしっかり伝えることでトラブルになるの減らすことが出来ます。

スポンサーリンク

返信をくれない・返信が遅いママ友対策

ママ友同士でお茶会をしたりランチをしたり。時にはそんな息抜きも必要ですよね。
ところがここでも困ったことが起こります。

約束の時間や日にちを決めようとしても返信が来ない、あるいは返信が遅い。そんな、ママ友はいませんか?

イライラする女性

催促するの気が引けるし、返信があるかもしれないと何度も携帯を見てイライラ。
じつは、これ管理人の経験なんです(;^_^A アセアセ<
返信をくれないママ友にイライラ

数人のグループで子供が幼稚園に行っている間に ランチをしようといった話になりました。

お店の予約をしておけばスムーズなので 日程と参加人数を確認していたんです。

・・・が、あるママさんから全然返信が来ない。

ギリギリまで待って、仕方なく電話で確認したら「ごめ~ん、都合が悪くて」
呆れると同時にもうお付き合いしたくないって本気で思いました。

その時はすごく腹立たしかったんですが、じつはこうなる原因は自分にもあったんです。

その原因はまりマのメールにありました。達人ママとの違いを比較してみますね。

なんてことない普通のメールです。でも、達人ママが送るとこうなります。

1月10日12時から◯◯亭でランチ会をします。予約の都合があるので、参加だったら1月5日まで参加連絡をください。

不参加のときは返信はいりません。

どうでしょう、違いがわかりますか?
達人ママの技は、この2つ!

  1. 返信の締め切りを決める
  2. 返信の手間を省く
返信がなければ、自動的に不参加になるので返信が来なくてもイライラしませんよね( ̄ー ̄)bグッ!

それに返事をする方の立場からすると、不参加の時のメールって面倒ですよね(;^_^A アセアセ
  • 理由を言わないとダメかな
  • 角を立てないで断りたい
なんて悩んだりしますが、返信なしでOKなら気楽ですよね。
もし、冷たいと思われないか不安であれば、締切日にもう一度、
今回は残念だけど、時間が合うときにまたお茶(ランチ)しようね。
といったフォローを入れておくといいと思います。(私は面倒なのでしていませんが(;´▽`A“)

メールやLINEをスマートに終わらせるには?

親しくなるとメールやLINEのやり取りが長くなることもあります。

「もうやめたいけど・・・相手が送ってくるし」
面倒でもしぶしぶ返信することもありますよね。

そんな時に、柔らかくスッパリと止める方法があるんですよ♪

話の切れ目を見て、こう伝えます。

まりマポイント

まりマ

「ごめん、主人が帰宅したから。おやすみなさい。」

「あ、お姑さんから電話だわ。また明日ね」

「おやすみなさい」や「また明日ね」と言った、これで終わりするとわかる言葉を伝えます。

こうすることで、相手からの返信は止まります。

もしも、その後も延々と送ってきていても放っておいていいんです。終わりにすると伝えてありますから。気になるようなら、あとで「ごめんね、返信できなくて」と一言添えておけば大丈夫。

だって、メールやLINEはめったに見ないからって最初に伝えてあったはずですから。 ( ̄ー ̄)ニヤリ

まとめ

ママ友とのメールやLINEでのトラブルを避ける方法についてお伝えしました。

お伝えしたことをまとめると、

  1. 簡単にアドレスを交換しない
  2. 最初に返信は早くないと伝える
  3. 返信が欲しい時は期限を添える
  4. 終わるときは、終わるとわかる言葉を使う

簡単なことなので、ぜひ実行してみてくださいね。ママ友とは適度に距離を保つのも、良いお付き合いするコツです♪

ママ友

Posted by まりマ