相克とは

五行の関係
まりマ

スピリチュアル用語 相克について

五行説を語る上で、『相克』と『相生』と言う言葉があります。
『相克』と『相生』は相反する意味がありますが、今回は『相克』について見ていきましょう。
相克の読み方は『そうこく』です。
『相克』あるいは『相剋』と書く事もありますが、意味としては同じ
文字にある『克』の意味は、打ち勝つと言う意味があります。そして『相克』とは、『対立するものが互いに相手に勝とうと争うこと』と言う意味で、例えとして現代も会話に使われる言葉です。
  • 「躍る心と不安な気持ちとが相克する」
  • 「利益増やさないと廃業してしまう現実と、お客さんが満足する商品を提供したいという思いが相克し」

といった感じです。

次の図をみるとわかりますが、『相克』の作用は相手を打ち滅ぼす陰の関係です。

五行の関係

五行の木⇆火⇆土⇆金⇆水をサークルの型に並べると、相克関係の打ち滅ぼす相手は『星型』に、そして五行と違い『一方方向』に向きます。
とはいえ平等精神からの見方では痛み分けではないか?という見解もあります。
『水は火を消滅させる』とありますが、水が弱ければ水の方が蒸発してしまいますね。『土は水を堰き止めてしまう』というのも、土が弱ければ水からのみ込まれてしまいます。

双方が同じ強さで無ければ、相克も一方方向とは言い切れなかもしれませんね。この事を頭の片隅に置いていれば、解決できそうもない相克な問題をを回避できる鍵になるかもしれません。

まりマをフォローする
まりマ

スピリチュアルにハマっている、まりもママです。
スピリチュアル用語をわかりやすくお伝えするので、あなたのスピリチュアルライフに活かしてくださいね。

まりマをフォローする
まりマ手帳スピリチュアル用語集

コメント

タイトルとURLをコピーしました