風水四神獣 青龍とは

風水四神獣 青龍
まりマ

風水四神獣 青龍について

青龍は東の方角を司る霊獣で、季節は春、色は緑(青)、五行は木です。青龍はとても力強く、運気の流れを好転させ成功を呼び込む象徴とされています。
木に関係する運は、つぎの3つ。

  1. 恋愛運
  2. 結婚運
  3. 人間関係

東は太陽が昇る方角。この太陽のエネルギーで作物が育ち、すべての生命の活動を支える始まりの方角です。

青龍は強いパワーを持つので、受験なら合格、仕事では出世、勝負事では勝利、やる気や発展など総じて成功へと導くとされています。

龍に見える雲

ところで「青龍」なのに、なぜ色は「緑」なのか疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。
理由は、「緑」と言う色を表現する言葉は「五行説」ができてから出来たものだからです。
わかりやすく言ってしまうと、昔の人は「青」も「緑」も「青」と表現していたんですね。
緑色なのに「青りんご」、緑黄色野菜なのに「青菜」、「青々とした木々」などなど。
このため、青龍なのに色は緑となっています。
まりマをフォローする
まりマ

スピリチュアルにハマっている、まりもママです。
スピリチュアル用語をわかりやすくお伝えするので、あなたのスピリチュアルライフに活かしてくださいね。

まりマをフォローする
まりマ手帳スピリチュアル用語集

コメント

タイトルとURLをコピーしました