財布の内側が金運に悪い赤色だった。風水でアレをすれば金運アップ!

赤い財布
風水といえば西に黄色で金運アップ。赤い財布は赤字で金運ダウン。こんな話を耳にしたことがありませんか。
あわてて見てみれば、

  1. 手元の財布が赤色だった
  2. 内側が赤色の財布だった
だったら、買い換えればいいのかもしれませんが、そう簡単に行かないときだってありますよね。
はじめまして、スピリチュアル大好きなまりもママです。気軽にまりマってお呼びくださいね。
ところで赤といえば、情熱の色。エネルギッシュで華やかでこの人も多いハズ。なぜ、金運に影響を与えるのか気になりませんか?
そこで今回のテーマは

赤色が金運に与える影響とカバーする方法

についてです。

じつは、赤い色の入った財布がすべて悪いってわけじゃないんです。赤色が持つエネルギーを上手にコントロールして使うことができれば、金運にもいい影響を与えることだって可能なんです!
赤色が好きな方や赤色の持つパワーを最大限に活かしたい方は、ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

赤色の財布は金運ダウンの原因

風水では、金運と赤い色の相性が良くないと考えます。それは、赤色には火(か)の性質があって、金運を燃やしてしまうから。
当たり前ですが、金運が燃えてしまうと金運は下がり収入が減るだけでなく支出が増えてしまいます。赤色の財布は持たない方がいいといわれるのは、そのようなことが理由なんですよ。
これは、五行説の考え方が影響しています。次から詳しく見てますね。

五行説の火(か)とは

風水では、五行説というものを使います。古来中国から来たもので、昔から大切な考え方としていろいろなところに活用されてきました。この世にあるものはお互いを必要としていて、絶妙なバランスで回っているという思想です。
詳しい説明は下記の記事をご覧ください。

考え方の基本は、相性が悪いからこの組み合わせは良くないとかこの色は悪い色だとかそういったものは存在しないということです。
例えば、火と水は相性が悪いように見えますが、水は火のエネルギーが行き過ぎないように抑制する力があり(それを相克『そうこく』といいます)、ちょうどいいバランスを保つことができます。
そのため、相克の関係を築ける色を赤色と組み合わせることができれば、赤色の財布にも金運を上げる効果が期待できるのですよ。
上にあげた例だけではなく、すべてのものに当てはまるのでそれを上手に活用していきましょうというのが風水の考え方でもあります。一つの場所やモノだけに執着せず、広い視野で全体のバランスを整えていきましょう。

スポンサーリンク

ダメージを軽減するには

赤色は金運を燃やしてしまいます
ですが、人をやる気にさせたり魔除けの効果があるので、その部分を上手に活用すれば財布に取り入れてもマイナスの影響を与えるだけでの色ではなくなります。
それでは、上手に活用するにはどうすればいいのでしょうか。
こたえは、先ほどお伝えした五行説を活用することです。
財布の色として取り入れたいのが、お金と相性が良くて金運を上げたり守ってくれたりする色ですね。五行説の5つの性質(火・木・土・金・水)に基づいて考えてみましょう。

どんな色が、お金と相性がいいのでしょう。

お金を守る

火は、火の性質を強めてしまうので、候補から外れます。
木は、木生火(もくしょうか)といって、火の性質をより強くしてしまうので、ふさわしくありません。
金は、火剋金(かこくきん)といって、火が金の性質を抑えてしまうので、これも除外します。
となると、水と土の性質が残りますね。
水は、火の性質を抑える水剋火(すいこくか)の働きがあるのでベストです。
水はお金を流してしまい、金運を下げることに繋がりますが、相克の関係性では影響を与える側も自分の持っているマイナスの部分を抑えることができるので、ここでは問題ありません。
また、土には火生土(かしょうど)といって、火が土の性質を高めてくれる関係性があるので、その性質を持った色を選びます。

色同士の組み合わせによる効果は?

火の性質を押さえコントロールする水の性質を持った色は、黒色で、土は、黄色です。
なので内側が赤色の財布には、外側が黒色か、あるいは黄色の財布を選ぶといいということに。それぞれの色の効果についてもう少し詳しく見ていきましょう。

赤色と黒色の相性

先ほどお伝えしましたが、赤色と黒色はとても相性のいい色です。
さらに黒色は金運を安定させて今ある財産を守ってくれる力があるので、お金を貯めたい方や今ある金運を逃したくない方にはとてもおすすめ。ただ、すべてが黒色でしたら、少し寂しい感じもしますね。
そこに赤色が入れば女性でもとても持ちやすい財布となるでしょう。これから財布を替えて心機一転したい方は、黒色と赤色の組み合わせを検討してみてください。

赤色と黄色の相性

赤の性質を抑えてくれる黄色は、赤のアクティブなパワーをちょうどいいエネルギーに変えて金運を上昇させてくれます。
黄色自体がお金と相性がいいことも、財布に取り入れるべき理由です。お金がもっと入ってくるとうれしいと思っている方や、明るい気持ちで過ごしたいという方に、とてもおすすめ。
ただ、あまりにも鮮やかなきつい色合いの黄色は、逆に金運をコントロールする力を弱めてしまうので要注意。

まとめ

赤色の財布についてお伝えしました。
ダメージばかりが気になりますが、相性の良い色を加えることで、逆にパワーを貰えるお財布になることも可能です。黒、黄色を上手にプラスして金運アップを目指してくださいね。