風水で金運を高める財布の色は?色の持つパワーについて徹底解説!

カラーパレット
金運を高めるのに大切なのが財布。黄色い財布は金運が上がるけど、赤い財布は赤字で金運がダウンする。

これってテレビや雑誌で目にすることも多い話題ですね~。

億万長者になりたいなんて思ってなくても、自由に使えるお金は多いほうがいい。そう考えてる人はたくさんいらっしゃるハズ。
はじめまして、スピリチュアルと片付けにハマってる まりもママです(*^^*)。気軽にまりマって呼んでくださいね。
風水では、色にパワーや意味があると考えられていて、もちろん金運にも影響を与えます。お金に直接影響を与えるのは財布。知らずにお金と相性のよくない色を選んでしまうと、支出が増えたり貯金がたまりにくくなったり_| ̄|○ il||li
そこで今回のテーマは

金運を高める財布の色について
それぞれの色のパワーを活かして金運アップ目指しましょう。

スポンサーリンク

代表的な色の持つパワーについて

まずは、よく使われる色のパワーについて順番に見てきますね。

黄色

黄色は、「土」の性質を持っている色。幸せを大きくする力や変化を象徴する色となります。
自由に使えるお金があれば、心に余裕を持って生活できますね。でも、お金を貯めることだけを考えていたり、自分の幸せだけを追い求めていたりしては、残念ながら期待するような効果は見込めないんです。
何のためにお金が必要なのかしっかり考えることや、人の幸せのためにために使うことが大切。そういったことができると、よりいっそう幸せが大きくなり良い変化をもたらしてくれるでしょう。

ただ、あまりにも色味が強い黄色はお金をコントロールできなくなってしまい、かえって散財してしまうかも。黄色の色味についても気にかけて選ぶようにしましょう。

緑色

緑は、安定や調和、安らぎ、春、成長を意味する色。日本の春先の風景を想像すると、わかりやすいですね。花や木、植物などが冬を越して芽を開き、成長していく姿をイメージできます。
お金もそのように少しずつ成長することになります。そのため、まとまったお金が入ってくるという効果は少ないでしょう。宝くじが当たることや棚ぼたは見込めませんが、出世をすることによって、給料が上がるような変化が期待できます。
少しずつでいいから地道にコツコツと貯蓄をしていきたいとお考えの方には、おすすめの色です。
さらに緑色は、身に付けているだけでも安らぎを与えてくれるので、買い物に行ったときの使いすぎを抑えてくれますよ。

スポンサーリンク

白色

白色は、浄化の色。また「金」の性質を持っているので、お金と相性のいい色ですね。
さらに中国では、白色はゴールドと同じ扱いなので、ゴールドの持っているお金を増やす効果が白色にもあると考えられます。
浄化するとは、いい気を流すことによって悪い気を無くすということ。お金を貯めることがいい気を貯めることになるので、一石二鳥といった感じに。
気を付けたいのは、お金の流れが大きくなることです。まとまったお金が入ってくる反面、出ていくお金も増えるので、振り回されないことが大切。しっかりと管理をしていきましょう。

黒色

色は、「水」の性質を持っている色。「水」は、その性質が強すぎるとお金が出ていく働きを強めてしまうことも。ある程度の収入があるはずなのに、なぜかお金が水のように流れて残らないなんてこともありえます_| ̄|○
でもデメリットばかりじゃありませんよ。
黒色は、「陰」の性質があるんです。「陰」は「陽」に比べて、働きを抑えてくれる作用があるのでそこが金運と相性がいいと言われる理由です。
この色は、今のお金の流れや貯金を守りたいという方におすすめの色。使いすぎを無くしたり悪い気を追い払ってくれたりする色でもあります。ファッションの中に溶け込み、種類も豊富なので、財布に取り入れやすい色ですね。

ピンク色

ハートを持つ手

ピンク色は、恋愛運を高める効果がある色として人気があります。財布に取り入れることで、恋愛運だけでなく金運も一緒に高めることができるので進んで取り入れたい色の一つです。
ピンク色は幸運の色ともいわれ、臨時収入や玉の輿にのるなんてことがあるかもしれません。また、お金を育てて増やす効果も期待できますし、持っているだけで女子力も高めてくれます。

紫色

紫色には、魔除けや高貴なものという意味合い、「火」の性質がある色。「火」はお金を燃やすので、相性がよくないと思われがちですが、紫には陰の性質があるのでその点は問題ありません。
この色には直接的にお金や金運に対しての影響はありませんが、仕事や立場上でのアップが期待できます。地位が上がればお金は多く入ってくるものですね。時間はかかりますが、着実に収入を上げたい方にはおすすめの色となっています。
昔から、地位の高い人が身に付ける衣装に多く取り入れられていた色なので、効果はお墨付き。幅広い年代の方に、身に付けられる色ということでプレゼントにもいいのではないでしょうか。

ベージュ

ベージュは、「土」の性質を持つ色。土は、大地を連想させることからお金を増やす効果がある色です。
土は金との関係性がとても良く、金は土から生まれるので財布の色に取り入れてほしい色ナンバーワンといっても過言ではありません。金運を上げてお金を増やしたい人に、おすすめの色です。

金色

金色は、「金」の性質を持っているので金運アップにとても効果がある色です。金色に金運アップ効果があることはよく耳にしますね。でも、気を付けてほしいポイントがいくつかあるのでありますよ。
効果が他の色と比べるととても高いので、そのパワーを使いこなせない人にはかえってよくありません。
そもそも、お金は、入ってきたり出ていったりする流れをコントロールすることがとても大切なもの。それがうまくできないと、欲しくないものや余計なものまで買いだめをすることに。
そうやって悪い気をどんどん引き寄せることになってしまうのです。しっかり管理してお金に振り回されないように気を付けましょう。

風水で考える財布のNGカラー

毎年その年のラッキーカラーが発表されています。せっかくラッキーカラーを取り入れても、その色がお金と相性の悪い色だと、思うようにお金が貯まらなかったり、どんどん出ていってしまったり。
ラッキーカラーと言ってもお金と相性の悪い色を財布に取り入れるのは、控えましょう。

赤色

赤色は、お金を燃やす意味合いがあります。また、金運すらも燃やしてしまうので、お金関連に取り入れるのはおすすめしません。お金が入ってきてもすぐに出ていってしまうので、財布に取り入れるのは控えるというのが無難でしょう。
でも赤いが好き・・・そんな人は、ダメージをコントロールして上手に金運アップしましょう。

青色

青色は、赤色とは反対で、水のように流す意味合いがあります。悪い気は流してくれるのでインテリアやファッションに取り入れるのはOK。でもお金は流れてしまうと困りますよね。青一色を財布に取り入れることは、やめましょう。

最後に

色が金運に与える影響についてお伝えしました。
お金を管理するということは、野菜を育ていることににています。野菜を育てるためには、いい土や肥料、育て方が大切ですよね。
いい土でなければ実にならないし、肥料を使わないとおいしくならないし、ちゃんと育つための工夫をします。
お金もこれと同じことが言えるんですよ。お金を入れておく財布が、居心地のいいところでなければ、お金は集まらないし育ちません。
最近何となくお金が出ていくように感じるという方やお金の悩みがつきないという方は、財布の色を変えてみてはいかがでしょうか。財布の色を変えることで、お金の流れを変えて運気アップにつながるかもしれませんよ。