苦手なママ友!付き合い方のコツは分析?上手に距離を置くには?

2016年11月26日

子供を持つママにとって、どうしても避けて通れない問題があります。

それは、子供のお友達のママとのお付き合い。

子供が大きくなれば子供だけで遊ぶこともできるけど、小さいうちはやっぱり親も同伴になっちゃいますよね。

でもねぇ、子供同士が仲良しでもその子のママはちょっと苦手(;一ω一||)
なんてことって結構あるんです。

あらためまして、当ブログの管理人 子育てワーキングマンザーのまりもママです。気軽にまりマと呼んでくださいね♪

子供のためと思っても、苦手なママとお付き合いするストレスはかなりもの。
まりマも経験してきたので、疲れてグッタリしちゃうあなたの気持ちはとっても良くわかります。

そこで今回は

苦手なママ友との付き合い方

について、私の経験をもとにお話しようと思います。

どうしても苦手なママと上手に距離を置く方法も、こっそりお伝えしちゃいますよ( ̄ー ̄)ニヤリ

ぜひ、最後までお読みくださいね。

スポンサーリンク

苦手な理由を分析する

ところで苦手なママと言っても、初対面から苦手だったんでしょうか?
もしそうなら、相性が悪いとしか言いようがありませんが(;^ω^A

でも大抵の場合、何らかの原因があるはずですね。まずは、なぜ苦手なのか落ち着いて考えてみましょう。
ちょっとしたことの積み重ねがあって苦手になっているケースが多いはずです。

私の場合、

  • 叱らない育児方針のママ友
  • いきになりタメ口のママ友
  • プライバシーを知りたがるママ友


が、苦手でした。

たとえば、叱らない方針なのはいいんです。人それぞれの考えがあるのでそこは否定しません。
でも、それを私にも強要されるで困りました
(;一ω一||)

娘を注意するたびに、あれこれ指図されたり否定されたりすることがストレスで距離を置きました。

プライバシーを知りたがるママはかなりの強者でしたよ。

幼稚園の保護者懇談会で、子供の話はそっちのけで先生のプライバシーを聞くことに夢中。
住んでいるところや家族構成、恋人の有無など、あれこれと聞き出しては他のママたちに話して聞かせていました^^;

まりマは、人の家庭環境などにあまり興味が無い方なので苦痛で仕方なかったです。

でも、最初はなんでそのママと話していると疲れるのかわからなかったんです。

落ち着いて理由を考えてみて、ようやく原因がわかったわけなんです。

そこでまりマは、プラバシーの話になったら、
「へぇ、そうなんだ」
と相槌をうつだけで、それ以上深く尋ねませんでした。
そういった反応をかえしているうちに、一緒に盛り上がってくれる相手ではないとわかったのか、先生や他のママのプライバシーの話は減っていきました。

まりマは、
「このママのプライバシーに立ち入るところが苦手」
とわかったので、その話題を避けて自分がストレスを感じないようにすることができたんです。

もし苦手なママ友がいたら、「なぜ苦手なのか」その原因を分析してみるといいと思います。原因がわかれば対処方法も見えてくることもありますから。

[char no=5 char="まりマチェック"]苦手な原因がハッキリしたら、そこには触れないようにお付き合いをしていくようにします。[/char]

相手の考え方を変えようと思っても無理なので、自分が嫌なことを避けるほうがずっと楽です。

と言っても相手の苦手な部分が、どうしても自分にとって受け入れらないことなら思い切って少し距離をおくのもOKだと思いますよ。

でも、ただ距離をおくといっても方法がわかりませんよね。

「もう、あなたとはお付き合いしないわ」
なんて言えるわけありませんから(;´▽`A“

そこで、次から私が使った方法をご紹介します。私はこの方法でやんわりと距離を置くことができました。

苦手なママと上手に距離をおく方法は?

苦手なママと距離をおきたい!
と思ったとしても、いきなり距離を広げるのはオススメしません。

ママ友の世界は広くないので、後からトラブルにならないようにジワジワっと距離を置くほうが安全です。

一番オススメの方法は、二人にならないことです。

[char no=1 char="まりマ"]
  1. 立ち話は他のママにも声をかけて一緒に話す
  2. 会話は相槌を打つだけで、自分から話題は提供しない
  3. 遊びやランチに誘われても丁寧にお断りする
  4. [/char]

    地味ですが、この3つはおすすめの方法です
    ( ̄ー ̄)bグッ!

    メールやLineでのお誘いも、理由をつけてお断りましましょう。
    ママ友の誘いを上手に断るコツは別の記事で紹介しましたので、参考にしてください。

    ママ友のランチの誘い!上手な断り方は簡単な3ステップで!

    距離を置くときの最大のポイントは、
    態度は一切変えない
    ことです。

    急によそよそしくしたり、挨拶しかしなくなったり、なんていうのはNGです。

    というのも相手のママの性格によっては、陰口を言われたり逆にしつこく付きまとわれるといった可能性もあるからですΣ(゚д゚lll)

    なので、落ち着いてゆっくりと距離をおいていきましょう。
    あくまで、二人になることを避けるだけにしてくださいね。

    これを続けていくと、だんだんと関係が薄くなってきます。
    気がついたら、なんとなく疎遠になっちゃったわ・・・ぐらいのペースが一番です。

    強いストレスを感じがながら、無理に付き合うことは自分にとっても相手にとってもプラスにはなりません。

    ちょっと冷たい言い方になりますが、ママ友は「ママ」友なんです。
    どうしても、あなたじゃないと駄目といった特定の関係じゃないと思いませんか?

    ぶっちゃけ相手にとっても、自分にとっても別の人でもいいわけなんです。なので、自分がお付き合いしたい相手を選ぶことは悪いことじゃないと思いますよ。

    まとめ

    苦手なママ友との付き合い方についてお伝えしました。

    まとめると

    《苦手な理由を分析してみる》
    そこを避けて付き合うのが無理なら距離を置く
    《距離を置く時は二人にならないようにする》
    自分から話題を提供して会話しない

    遊びやランチもお断りする

    《それ外の態度は変えない》
    トラブルを避けるため

    時間がかかりそうに思えるかもしれませんが、意外にそうでもないんですよ。

    だって「ママ」友ですからね、大体はつまらなくなって次の相手を見つけてくれますよ( ̄ー ̄)ニヤリ

ママ友

Posted by まりマ